大学でのペリカンケース爆発事件は捏造だった


2022年9月13日、米国ノースイースタン大学(マサチューセッツ州ボストン市)宛に届いたペリカンケースを開けたところ爆発が起きて大学職員が怪我を負う事件が発生しました。



Northeastern University VR lab attack contained note criticizing Mark Zuckerberg :

https://www.aol.com/northeastern-university-vr-lab-attack-173334268.html

同大学メディアラボにてテクノロジーマネージャー職についていたジェイソン・デュハイム容疑者(45歳)は、ペリカンケースを開けたところ、爆発のような状態となり手を負傷したと主張。 

駆けつけた警察によって現場を調べたものの、いわゆる爆発物やその痕跡が発見されなかった為、事件当初は加圧されたケース(Pressurized case)を開けたときに内外気圧差で爆発状態になったのでは?等の推察がされていました。故に報道当初は「ペリカンケースが爆発」的な言葉がニュースサイトでは見られました。

 


しかし、負傷した職員のその後の証言では「ケースを開けたときに飛び出した鋭利な物体によって負傷した(He was injured by “sharp” objects expelled from a plastic case he had opened inside. )」とのこと。

・・・結局のところ、ペリカンケース爆発事件は捏造だったとのことで、この大学職員は逮捕されています。

 


この事件、発生当初は日本においてもニュースとなったのは、(捏造された)爆弾犯からの犯行声明として、Meta(旧Facebook)社の創設者マーク・ザッカーバーグ氏が取り組む仮想現実(VR)及びその開発者らに対する批判が書かれていたという点にあります。

その後の続報を聞かないな・・・と思って調べてみたら、前述のように単なる捏造事件だったようです。それにしても人騒がせな。

 

そもそも、ペリカンケースを知る人なら「加圧されたケース」という点に違和感を持つハズです。ご存じのように、ペリカンケースには「自動気圧調整バルブ」が装備されている為です。

この自動気圧調整バルブは飛行機に乗ったり、ケースを持って海に潜る等、気圧環境が異なる場所にペリカンケースを持って行った際に、密閉性の高い為にケース内外の環境の違いによる空気圧の差があるとケースを開くことを防ぐ機能を持っています。

自動気圧調整バルブというと何だか大袈裟ですが、仕組みはごく単純にゴアテックス素材がバルブ部分に付けられているだけ。ゴアテックス素材は空気は通すけれども水の浸透はできない素材のため、これで気圧が異なる場所に持っていってもケース内外の気圧を同調できるという仕組みですね。

即ち、ペリカンケース内部を加圧(もしくは減圧)状態にするには、このバルブ部分を完璧に塞ぐ必要が出てきますし、仮に塞いだとしてもどうやってケースの中身だけを加圧(もしくは減圧)するのか等を考えたら、いっそのこと爆発物を仕込んだ方が手取り早い(?)と言えますからね。

  

・・・そして何より、マーク・ザッカーバーグ氏が取り組む仮想現実(VR)って、現状ではテロを引き起こしてまで中止を求めるようなレベル感にはとても達していませんからね・・・犯人は一体何を成し遂げたかったのでしょうか・・・(自作自演の犯行声明分もかなり稚拙な文面だったようで)。〔了〕


   


ラベル

DIY3 Pelican14903 ラッチ3 旅行3 14402 14902 1510LOC2 GORDON MILLER2 JACK & MARIE2 Pelican 13002 Pelican 14402 Pelican 1519 Lid Organizer2 Pelican Air 15352 Pelican case2 Pelican14402 TSA2 TSAロック2 peliskins2 オートバックス2 ストームケース2 ハードケース2 フォトリッドオーガナイザー2 ペリカン14402 ペリカン14902 ペリカンケース14402 ホイール交換2 改造2 留め具2 車輪交換2 10551 10651 10751 10801 10851 10951 14501 14701 14951 1506 TSA1 1506 TSA PeliLock1 15071 1507 Pelican Air Case1 1507Air1 1510LFC1 1510M1 1510SC1 1510TP1 15141 15351 4th of July1 ARTA1 BA221 BA271 BA301 BEAMS1 Bose1 Bose soundlink mini1 COACH1 Canon EOS Kiss X71 Canon PowerShot G1X1 Case-Mate1 CaseMate1 Colt1 Covid-191 DemerBox1 EDC1 EL221 EL271 EL301 Elite1 FOSTEX1 G401 G40 Personal Utility1 G51 G5 Field Wallet1 G5フィールドウォレット1 Go Case1 GoCase1 Goケース1 It's a SKIN1 Key1 Kickstarter1 Meta1 PCM録音1 Peli Bio Thermal1 PeliLock1 Pelican 10101 Pelican 10401 Pelican 11501 Pelican 12001 Pelican 14501 Pelican 15001 Pelican 1505 Air1 Pelican 15201 Pelican Airトラベルケース1 Pelican BioThermal1 Pelican Go Case1 Pelican case 14401 Pelican case 14501 Pelican14701 Pelican1490CC11 Pelican1490CC21 Pelican14951 Pelican15351 Pelican16601 Privacy Policy1 R201 R401 R601 RuckCase1 SHANLING UA21 Skin1 Sports Wallet1 Stome1 VAULT1 VAULT by PELICAN1 ZOOM H11 bPr1 bPr BEAMS1 iM25001 iM30751 iPhone1 iPhoneケース1 latch1 mod1 お知らせ1 アメリカ独立記念日1 イヤホン1 イヤホンケース1 ウィール交換1 ウォレット1 エリート1 エリートクーラー1 エリートラゲッジ1 オーガナイザー1 ガジェットケース1 ガンケース1 キャスター交換1 キャリーケース1 ケース1 コラボ1 コラボレーション1 コルト1 ゴルゴ1 ゴルゴ131 ゴードンミラー1 ジャック&マリー1 スキン1 スキンデカール1 スピーカー1 スマホ1 スマホケース1 スーツケース1 セレブ1 タイヤ交換1 ディープ・フリーザー1 ディーマーボックス1 トラベルケース1 ノートPC1 ハードバックラップトップケース1 ビジネス1 ビニールラップ1 ビームス1 ピアノ発表会1 ピクニック1 フォステクス1 プライバシーポリシー1 ペリカン14501 ペリカン15101 ペリカンケース14501 ペリカンケース改造1 ボストン1 マーク・ザッカーバーグ1 ミリタリー1 モディファイ1 ラップトップケース1 リッドオーガナイザー1 ルクバト1 ロック1 ロバート・ダウニー・Jr1 ワイヤーロック1 ヴォールト1 事件1 交換1 交換修理1 修理1 出張1 別注1 動画撮影1 収納1 喫煙具1 専門店1 小物入れ1 捏造1 掛け金1 新型コロナ1 旅行バッグ1 東京1 正規代理店1 水曜どうでしょう1 渋谷1 爆発1 特別仕様1 独立記念日1 生録1 発表会1 自作1 蝶番1 財布1 鈴木亜久里1 銃器1 1 防水1 限定モデル1 静音ホイール1
もっと見る